子どものアレルギー症状のみかたととらえ方

最近アレルギー症状がない子どもの方が少ないのでは??と思えるくらいに増えている感じがしますが、それらをカラダの構造からみていきます。

喘息であればなぜ咳として症状が出るのか?
アトピーであればなぜ皮膚に症状が出るのか?

「身体は完璧で間違わない」
がホロソフィー協会の考え方のベースです。
身体は常に正しい事を勝手にやってくれています。

なので咳や皮膚として症状に出るのにはきちんとしたその人なりの理由がある。

症状に目をむけるのではなく、その理由(原因)をカラダからの視点で考えてみませんか??


【講座代金】

2時間 7000円(消費税込み)


《この講座のご感想》

 
協会公式ブログをご参照ください。